床暖房はこたつを併用したほうが電気代がお得になる?

床暖房を使っていると、こたつは要らないのではと普通考えますよね。

しかし、床暖房とこたつを併用することによって、電気代も安く抑えることができるんです。

ここでは、床暖房とこたつを併用した時の電気代などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

床暖房とこたつを併用したほうが電気代がお得

我が家は、新築する前、リビングの暖房は、こたつと石油ストーブを併用して使っていました。

新築した折に、床暖房を初めて導入したんです。

その時、導入したのが、長府のヒートポンプ式温水床暖房です。

床暖房

建坪は平屋の36坪なんですが、全フロアーの床下に温水パイプが張り巡らされていますので、トイレやお風呂もあったかなんです。

床暖房を使い始めるのは、朝晩が少しづつ寒くなってくる11月頃からになります。

床暖房の設定温度はだいたい27℃くらいで、昼間(8:00~22:00)はよっぽど寒くない限り、つけていません。

というのも、電気の契約が東北電力よりそうeネットの「よりそうナイト10」に加入しており、夜の10時から朝の8時までが安くなっているからです。

夜の10時から朝の8時までの電気代が、1KWhあたり11円で、なんと昼間の約3分の1ですむんです。

最初のうちは、床暖房を使っているので、こたつは要らないのではと思っていました。

しかし、床暖房といえども、足元が寒いんですよね。

床暖房って、部屋全体は暖かくなるんですが、足元など局所的に温めるのには不向きなようなんです。

だからと言って、床暖房の設定温度を29℃とか30℃など高めに設定すれば、こたつは要らないかもしれません。

一度、寒い2月の折に、一条工務店の宿泊体験に行ったことがあるんです。

その時は、床暖房の温度設定が29℃~30℃に設定されており、こたつも要らないほどあったかだったことを覚えています。

しかし、床暖房の設定温度を高めに設定すると、その分電気代も高くなってしまいますので、あまりおすすめできません。

電気代を安く抑えるには、やはり床暖房とこたつを賢く併用したほうが得策と言えますね。

我が家のこたつは、夏はダイニングテーブルとして活躍するこたつを使っています。

こたつ

ダイニングこたつ 6点セットはこちらから

こたつを使うといっても、こたつの電気を入れなくても、下からふんわりと暖かくなるので快適に過ごせます。

それでも足元が寒いなと感じたら、こたつの電気を入れればOKなんです。

床暖房の電気代から比べたら、こたつの電気代はそんなに気になりません。

それでは次に、床暖房とこたつを併用したときにどれくらい電気代がかかっているかみていきましょう。

スポンサードリンク

床暖房とこたつを併用したときの電気代

床暖房とこたつを併用したときの電気代のグラフをお見せします。

電気代

2017年3月から2018年2月までの電気代の推移です。

床暖房を使い始める11月頃から電気代が上がっているのがわかります。

電気代は一番寒い1月をピークとして、床暖房を使わなくなる5月頃まで緩やかに下がっていきます。

床暖房だけを使った時の電気代の推移があれば一目瞭然なんですが、そこはご了承ください。

ただ、我が家は一条工務店の太陽光をつけているんですが、どれだけ電気を消費しているかリアルタイムに見れるようになっています。

床暖房の温度設定を高めに設定した時の消費量と、床暖房の温度設定を低めに設定して、こたつを併用した時の消費量を比べてみると一目瞭然なんです。

床暖房の温度設定を低めに設定して、こたつを併用した時の消費量のほうが断然少ないんですよね。

ちなみに、電気代のグラフの使用条件は以下の通りですので、参考にしてください。

・家の仕様は、一条工務店のZEH仕様
ZEHに関しては、次を参考にしてください。
ZEH住宅にするメリットやデメリットは?体験を交えて紹介!

・床暖房は長府のヒートポンプ式温水床暖房

・オール電化

・キッチンはIHクッキングヒーター

・お風呂はエコキュート
エコキュートに関しては、夜間にお湯をわき上げるため、結構夜間の電気代がかかります。

・太陽光は10KW以下の余剰買取

・24時間換気システムはロスガードを使用。
このロスガードは、家の中の温度を変えることなく換気してくれます。

・エアコンはリビングにダイキンの高効率エアコン1台のみ。
エアコンは、冬はほとんど使っていません。
夏は、除湿をするだけです。(除湿をすると、体感温度が4℃ほど下がって涼しくなります。)

・蛍光灯はすべてLED

・床暖房を使うと乾燥するため、加湿器を24時間稼働させます。
加湿器は、電気代が一番お得な気化式加湿器を使っています。

スポンサードリンク

まとめ

床暖房は便利なようですけど、使い方によっては、非常に電気代がかかります。

床暖房の温度設定を高めに設定すれば、こたつなど要らなくなり、快適に過ごすことができます。

ただ、その時の電気代を想像するだけでも恐ろしくなります。

床暖房の温度設定を低めに設定すれば、若干足元が寒くなりますが、その時はこたつを併用すれば解決します。

しかも、電気代も安く抑えることができますので、まさに一挙両得なのではないでしょうか。

よく床暖房はつけっぱなしのほうが電気代がお得といいますが、昼間は日差しが差し込んで暖かいので、夜間のみ床暖房をつけるなど工夫することも大切です。

こたつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です