シンクに熱湯を流すのはダメ?ボコっという音の原因にも!

シンクに熱湯を流すと、ボコっという音がしてびっくりしたことはありませんか。

このボコっという音はステンレス製のシンクを使っている時に起きるんですが、シンクに熱湯を流すという行為自体がNGなんです。

ここでは、シンクに熱湯を流すのがなぜダメなのかボコっという音の原因などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

シンクに熱湯を流すのはなぜダメなの?

シンク

そうめんなどの麺類をゆでた後の熱湯や、ペヤングソース焼きそばを作った後に残る熱湯って、どう処理したらいいのか困ったことはありませんか。

ついついやってしまうのが、そのままシンクに熱湯を流してしまうことです。

実は、シンクに熱湯を流す行為自体が本当はいけないことなんです。

シンクや排水管を熱湯消毒したいという気持ちはわかるんですが、中の配管が損傷してしまったらそれこそ大変です。

シンクの下を見てみるとわかるんですが、中の配管って、塩ビのパイプで配管されているんですね。

この塩ビのパイプは耐熱温度が低く、一般的には62℃~72℃で軟化してしまうという弱点があるんです。

シンクに熱湯を流すことによって、塩ビのパイプが変形してしまう恐れがあるんですね。

また、塩ビのパイプを接合している接着剤が溶けてきたり、パッキンが変形したりして、水漏れの原因にもなりかねません。

ですから、絶対にシンクに熱湯を流してはいけません。

シンクに熱湯を流す場合は、水道水を流しながら冷ますなどして、流すようにしましょう。

スポンサードリンク

シンクに熱湯を流すとボコっという音がしてびっくり!

ついうっかりシンクに熱湯を流してしまって、突然ボコっという音にびっくりしたことってありませんか。

実はこのボコっという音は、ステンレスが反り上がるときに出る音なんです。

シンクが人工大理石であったり、ステンレス製でないシンクは音は出ません。

ステンレス製のシンクに熱湯を流すと、ステンレスが熱で膨張してしまうんです。

その結果、反発力のバランスが崩れて、ステンレスが反り上がってしまいます。

ステンレスが反り上がったときに出る音がボコっという音だったんですね。

このボコっという音は、シンクに熱湯を流してはいけないというサインなのかもしれませんね。

補足ですが、人工大理石のシンクを使っている場合は、熱い鍋やフライパンなどを直接置くと、変色してしまいますのでご注意ください。

熱湯以外にシンクに流していけないものは?

シンクに熱湯を流してはいけないということはわかりました。

それでは、熱湯以外にシンクに流してはいけないものはあるのでしょうか。

シンクに流してはいけないものの一つが油です。

使った油を直接シンクに流すことはないと思いますが、気を付けたいのが油汚れをそのまま流してしまうことです。

油汚れが排水口から配水管に流れてしまうと、排水管内で油が固まってしまい、詰まりの原因になってしまいます。

油汚れが付いた食器を洗う場合は、キッチンペーパーなどで油汚れをふき取ってから洗うように心がけましょう。

また、揚げ物で出た油は、テンプルで固めたり、新聞紙に吸収させてゴミ箱に捨てるようにしましょう。

料理で出た野菜くずや残飯もシンクに流してはいけません。

今は排水口に防止用の網が付いていますので、料理で出た野菜くずや残飯が排水管に流れていくことはないでしょう。

万が一、排水管に流れてしまうと、詰まりの原因になったり、悪臭が発生しやすくなりますので、気を付けてください。

スポンサードリンク

まとめ

そうめんなどの麺類をゆでた時のゆで汁や、ペヤングソース焼きそばに使った熱湯など、ついついシンクに流してしまいがちです。

シンクや排水管の殺菌消毒になるだろうと安易に考えがちですが、絶対に熱湯をシンクに流してはいけません。

シンクに熱湯を流すと、中の塩ビの排水管が変形したり、水漏れの原因になってしまうからです。

ステンレス製のシンクに熱湯を流した時に出るボコっという音も、熱湯を流さないで下さいという警告なのかもしれませんね。

シンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です