リビングからトイレが丸見え?音や臭いも気になる!

リビングからトイレが丸見えだと、トイレに入るにもいろいろと気を使いますよね。

特に、お客さんが来た時などは、トイレの流す音や臭いなどいろいろと気を使ってしまいます。

住宅事情などでリビングの近くにトイレがある場合は、目隠しもしていきたいものですね。

ここでは、リビングの近くにトイレがある場合の音や臭い対策、目隠し方法などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

リビングの近くにトイレがある場合の音や臭い対策

リビングの近くにトイレがある場合は、どうしてもトイレの流す音や臭いに気をつかうものです。

トイレの流す音や臭いの対策法をご紹介します。

トイレを流す音の対策

トイレに入っていて、一番気を使うのは、やっぱり音です。

トイレのドアを防音ドアに変えれば早いのですが、賃貸住宅の場合はそうもいきません。

そんなときには、擬音装置を取り付けてみてください。

擬音装置で一番評判がいいのが、TOTOから出ている「音姫」です。

「音姫」は、後からでも簡単に設置することができるようになっています。

手かざしで作動するタイプもあれば、センサー付きのタイプもあります。

また、音も水音と「水音+鳥のさえずり」の2種類から選べるようになっています。

トイレの音を消すために、トイレを何回も流さなくてすみますので、節水にもなりますよ。

トイレの臭い対策

トイレがリビングの近くにあると、どうしても臭いが気になってしまいます。

トイレのドアを密閉タイプに交換すれば早いんですが、賃貸住宅の場合はそうもいきません。

トイレの臭い対策に有効な方法をいくつかご紹介します。

・トイレの換気扇は常に回しておく。

・常に掃除をして清潔にしておく。

・消臭剤を置く。

・新築する場合は、脱臭機能がついたトイレにする。

スポンサードリンク

リビングの近くにトイレがある場合の目隠し方法

リビングからトイレが丸見えだと、お客さんが来たときなどは、ちょっと気恥ずかしくなってしまいますよね。

また、トイレに入るたびにリビングから便器が丸見えだと、あまりいい気持がしないものです。

リビングからトイレが見えないように目隠しを施しましょう。

トイレの目隠しには、以下の方法があります。

カーテンで目隠しをする。

カーテンレールが曲げられるようになっています。

トイレのドアを目隠しするように、カーテンレールを天井に取り付けます。

後は、お好みのカーテンを取り付けてください。

間仕切りで目隠しをする。

賃貸住宅などで天井に取り付けできない場合は、間仕切りがおすすめです。

トイレのドアを目隠しするように間仕切りをおいてください。

間仕切りで目隠しするほうが一番簡単な方法ですね。

トイレはリビングに近くないほうがいいの?

トイレはプライベートな空間ですので、できればリビングとは離れた場所にあったほうがいいですね。

しかし、賃貸住宅など、やむを得ずリビングの近くにトイレが付いている場合もあります。

あるいは、新築の設計段階で、リビングの近くにトイレを配置せざるを得ない場合もあります。

確かに、リビングの近くにトイレがあると、ご年配の方やトイレが近い方にとっては大変便利です。

また、リビングとトイレの寒暖差もなくなるため、ヒートショックの危険性も少なくなります。

とはいっても、お客さんが来た時などは、リビングからトイレが丸見えだと、ちょっと気恥ずかしいものです。

また、トイレに入るにも、トイレを流す音や臭いなどに、どうしても気を使ってしまいますよね。

そんなときは、先ほど紹介した対策方法を試してみてください。

これから、新築される場合は、トイレの配置を十分に検討しましょう。

これから、新築される場合は、後から後悔しないように、トイレの配置を十分に検討してみてください。

ポイントは、リビングからトイレが丸見えにならないように工夫することです。

ちなみに我が家のトイレは、リビングの奥(北側)に配置しています。

トイレがリビングの奥にありますので、特に音とか臭いを気にしたことは一度もありません。

また、ダイニングとトイレの間に間仕切り(壁)を付けましたので、リビングからトイレが見えることもありません。

洗面所を通って、トイレに行きますので、洗面所を手洗い代わりに使えて便利です。

また、脱衣所と洗面所を分けましたので、誰かがお風呂に入っているときでも、トイレを利用することができます。

ダイニングと洗面所の間に暖簾をつけていますので、洗面所を使っていてもリビングが気になりません。

これから新築なさる時は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

リビングからトイレが丸見えだと、いろいろと気を使ってしまうものです。

特に、トイレを流す音や臭いには、気を使うようにしましょう。

トイレがリビングから見えないように目隠しするなど、工夫も大切です。

お客さんが来た時に、余計な気を使わせないためにも、十分に対策をしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です