お風呂の残り湯の活用法!再利用するときの注意点は?

お風呂の残り湯って、毎回捨ててしまうのも、大変もったいないですよね。

少しでも水道代を節約するために、お風呂の残り湯を何とか活用したい!

そうはいっても、残り湯の雑菌や臭いが気になって躊躇してしまいまがちです。

しかし、お風呂の残り湯って、正しく使えば、上手に活用できるんです。

ここでは、お風呂の残り湯の活用法再利用するときの注意点などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

お風呂の残り湯の活用法!

お風呂の残り湯を何とか活用したいという方は意外に多いものです。

1回お風呂に入った場合、おおよそ200リットルの水道水を使います。

毎回、お風呂の残り湯を活用した場合、水道代が毎月1,500円くらい節約できるといわれているんです。

これを年に換算すると、約18,000円の家計費が節約できるというわけです.

このように考えてみると、お風呂の残り湯も馬鹿にしたものではないですね。

それでは、お風呂の残り湯の活用法にはどんなものがあるかみていきましょう。

定番なのがお洗濯への活用です。

お洗濯にお風呂の残り湯を活用したほうが、水道水で洗濯するよりも洗浄力に差がでますので、活用しない手はないですね。

洗濯機のメーカーも推奨しているくらいですから。

今は、自動洗濯機がほとんどで、お風呂の残り湯を活用する機能がついています。

洗濯機と給水ホースをつなぐだけで、自動で残り湯をくみ取ってくれるんです。

お風呂の残り湯をお洗濯で活用したい場合は、今使っている洗濯機の説明書をよくご覧になって活用してください。

自動でくみ取ってくれる機能がついていない洗濯機を使っている場合は、バケツで残り湯をくんだり、給水ポンプなどもありますので利用してみてください。

お風呂の残り湯をお洗濯へ活用する場合の注意点

お風呂の残り湯をお洗濯へ活用する場合の注意点をいくつか挙げておきます。

1)お風呂の残り湯は洗いの時だけ使う。

お風呂の残り湯をお洗濯に活用する場合は、洗いの時だけ活用するようにしてください。

すすぎのときは、水道水を使えば、残り湯の臭いが移るということはありません。

2)入浴剤を使った場合は、色移りに気を付ける。

入浴剤を使っても、ほとんどの残り湯は洗濯に活用できるようです。

ただ、塩分が入っている入浴剤は、洗濯機を痛めてしまう危険性がありますので、控えたほうがいいでしょう。

また、色付きの入浴剤を使った場合は、色移りする場合がありますので、ワイシャツとか白物は避けたほうがいいでしょう。

入浴剤を使った場合は、注意書きをみてから、お洗濯に活用するようにしてください。

ちなみに、花王のバブには次のような注意書きがあります。

Q、おふろの残り湯は洗濯に使えるの?
「アタック」シリーズや「ニュービーズ」シリーズなどの一般衣料用の洗剤には、汚れが衣類に付着するのを防ぐ再汚染防止の働きがあるので、「洗い」にはおふろの残り湯を使うことができます。ただし、お湯の汚れがひどい場合は、洗浄力が低下することがありますので、ご注意ください。また、入浴剤が入っている場合は、使用できない場合があります。入浴剤の注意表示をご確認ください。 「すすぎ」には、残り湯を使うのは避けて、水道水などきれいな水をお使いください。 *[エマール]のようなウール・おしゃれ着洗い用の洗剤の場合は、「洗い」「すすぎ」ともにおふろの残り湯は使わないでください。(引用元:花王のバブ公式ホームページ)

スポンサードリンク

お風呂の残り湯の活用法!お洗濯以外に何があるの?

お洗濯以外で、お風呂の残り湯の活用法をご紹介いたします。

トイレに活用する。

お風呂の残り湯をトイレに活用する場合は、バケツなどに残り湯をとっておき、直接便器に流すようにしてください。

間違っても、トイレタンクに残り湯を入れないようにしてください。

お風呂の残り湯には、雑菌がありますので、トイレタンクに入れてしまうと、雑菌が繁殖してしまいます。

トイレタンクの掃除は、掃除が大変なので、くれぐれも注意しましょう。

トイレタンクの掃除を簡単にしたい!なら重曹におまかせ!

植木の水やりに活用する。

お風呂の残り湯には、人間の皮脂や汚れが混ざっています。

植木にとっては、人間の皮脂や汚れが栄養分となるんです。

ただ、入浴剤を使った場合は、枯れる場合がありますので、控えてください。

その他の活用法

その他にも、いろいろと活用できますので、工夫してみてください。

・家のお掃除
・車の洗車
・冬は、湯たんぽ代わり

お風呂の残り湯を翌日使っても大丈夫?

お風呂の残り湯の活用で一番気になるのが、やはり雑菌です。

衛生微生物研究センターでは、次のような検証を行っています。

「実際に、浴槽に湯を張った直後、入浴直後、そのまま一晩放置した風呂水の細菌数を3家庭で調べてみました。 すると、湯を張った直後の菌数は1mL当たり数十個程度だったのが、入浴後は数百個から数千個になりました。 (※1mL(ミリリットル)=1リットルの千分の1。1cc。)これらは主に人の体(皮膚など)に由来する細菌で、入浴人数が増えるほど菌数も多くなる傾向がみられます。 さらに翌日になると、風呂水の菌数は数十万個から数百万個と、入浴直後の約1,000倍に増えることがわかりました。 風呂水の細菌の多くは人と共生関係にあったものですので、通常はそれらで病気になる心配はありません。 とはいえ、残り湯を放置すれば細菌に大量増殖の場を与えることになり、衛生的とはいい難いため、風呂水はできるだけその日のうちに利用し、ため置かないようにしたいものです。 (引用元: 衛生微生物研究センター)

お風呂の残り湯を翌日に持ち越した場合は、なんと入浴直後の1000倍にも雑菌が増えるそうです。

翌日に持ち越した場合の雑菌の数は、なんと数10万~数百万にもなるというから驚きですね。

お風呂の残り湯は、翌日には持ち越さずに、その日のうちにできれば早いうちに活用するようにしてください。

お風呂の残り湯を再利用するときの注意点

お風呂の残り湯を再利用するときの注意点をいくつか挙げておきます。

・お風呂に入るときは、身体の汚れを落としてから入るようにする。

・お風呂につかるときは、タオルを入れない。

・お風呂から出た後は、浴槽のフタを閉めておく。

・最後にお風呂に入った方は、浮いている髪の毛や垢を取っておく。

・お風呂の残り湯は、できるだけその日のうちに活用する。

・翌日に残り湯を持ち越さない。

・洗濯に活用する場合は、すすぎのときは水道水を使う。

・入浴剤を入れた残り湯を植木に活用しない。

・入浴剤を使った場合は、入浴剤の注意書きを確認してからお洗濯に活用する。

スポンサードリンク

まとめ

お風呂の残り湯の活用は、小さなことではありますが、その小さなことの積み重ねが資源の無駄遣いをなくしていきます。

節水するなど、お洗濯などにも活用すれば、家計にも跳ね返ってきて、まさに一挙両得ですね。

残り湯を再利用するためには、なるべくお風呂を汚さないようにするなど、普段からの努力も必要です。

衛生面から見ても、お風呂の残り湯はなるべく早く活用したほうがよさそうです。

お風呂に入った後にすぐに洗濯するなど、いろいろと工夫してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です