枕の捨て方はどうすればいいの?低反発枕は何ごみ?

枕の捨て方って、どうしたらいいか迷ってしまいますよね。

枕の素材も、低反発の枕やいろんな枕があって、迷ってしまいます。

捨て方も、可燃ごみで出したらいいのか、不燃ごみで出したらいいのか。

ここでは、そんな疑問に答えるために、枕の中身の素材に応じた捨て方などをご紹介していきます。

スポンサードリンク

枕の捨て方は中身の素材で分別しましょう。

ゴミの分別の仕方は、それぞれの自治体で決められています。

枕の捨て方も、ほとんどの自治体では、可燃ごみで出せるようにはなっています。

しかし、枕って、いろんな素材で作られるようになってきてますよね。

枕の捨て方も、中身の素材に応じて、可燃ごみと不燃ごみに分別する自治体も多くなってきているんです。

まずは、捨てようとしている枕がどんな素材でできているのか確認しましょう。

枕に、品質表示が付いていますので確認してください。

中身の素材に応じて、可燃ごみで出す枕と不燃ごみで出す枕を分別します。

可燃ごみで出す枕

枕の中身の素材が、可燃性の場合は、可燃ごみで出します。

可燃ごみで出す枕
・羽根
・そばがら
・ラテックス(天然ゴムの樹液)
・真わた(シルク)
・パンヤ(パンヤの木から出来た天然の物)
・キャメル(ラクダの毛)
・ウール

不燃ごみで出す枕

枕の中身の素材が、不燃性の場合は、不燃ごみで出します。

不燃ごみで出す枕
・低反発ウレタンフォーム
・パイプ
・ポリエステルわた
・ビーズ

もし、判断が難しいようであれば、自治体に問い合わせて確認しましょう。

ちなみに、今流行りの低反発枕は不燃ごみになります。

スポンサードリンク

枕の大きさによって、普通ごみか粗大ごみで出しましょう。

枕の中身の素材に応じて、可燃ごみで出すのか、不燃ごみで出すのか分別します。

次に、捨てる枕の大きさによって、普通ごみ、あるいは粗大ごみで出しましょう。

ほとんどの自治体では、指定のごみ袋が用意されています。

枕が指定のごみ袋に入るようであれば、普通ごみで出せます。

枕が指定のごみ袋に入らないようであれば、粗大ごみで出すしかありません。

ただ、粗大ごみで出す場合は、料金がかかりますので、枕を裁断して、指定のごみ袋に入るようにしたほうがいいかもしれませんね。

風水的に、枕を裁断したくないという場合は、粗大ごみで出すようにしましょう。

使用した枕ってリサイクルできないの?

今まで使用した枕を捨てるにはもったいないし、愛着を持っている方も多いはずです。

何とか今まで使用した枕をリサイクルできないかという場合もあるかと思います。

ただ、いったん使用した枕は、資源としてはリサイクルできないようです。

布製の枕カバーに関しては、この限りではありません。

自治体によっては、『古着・古布類』として、リサイクル回収している場合もありますので、問い合わせてみましょう。

スポンサードリンク

まとめ

枕の捨て方は、中身の素材によって、分別の仕方も違ってきます。

羽根やそばがらなど、可燃性のものは、可燃ごみで出します。

低反発枕やビーズなど、不燃性のものは、不燃ごみで出します。

枕の大きさによっても、普通ごみで出す場合と、粗大ごみで出す場合があります。

枕の捨て方に少しでも迷いがあるようでしたら、最寄りの自治体に確認してみてください。

今まで、お世話になってきた枕ですので、感謝の心を込めて捨てるようにしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です