観葉植物が枯れる原因は?復活させるには?

観葉植物が枯れる原因って何?

枯れた観葉植物を復活させる方法はあるの?

観葉植物を枯らさないためにはどうしたらいいの?

大事に育ててきた観葉植物が枯れてきてしまったら、がっかりですものね。

ここでは、観葉植物が枯れる原因枯れた観葉植物を復活させる方法観葉植物を枯らさないための工夫などを紹介していきます。

スポンサードリンク

観葉植物が枯れる原因と復活させる方法

観葉植物が枯れる原因は、そのほとんどが根腐れです。

根腐れ以外にも、日照不足や直射日光による葉焼け、鉢が合っていない、低温、害虫などが考えられます。

それでは、一つ一つ観葉植物が枯れる原因と復活させる方法をみていきましょう。

水のやりすぎによって根腐れを起こした場合

あまり過保護になりすぎて、ついつい水をやり過ぎてしまいます。

水のやり過ぎは、根腐れを起こす原因にもなります。

乾燥気味に育てるくらいの感覚で水やりをしましょう。

万が一、水のやり過ぎによって根腐れが起きてしまった場合は、腐った根をカットして植え替えしてください。

この時に注意したいのが植え替えをする土です。

培養土のような栄養がある土は、根腐れをおこした観葉植物には不向きです。

赤玉土のような栄養がなく、菌類が寄り付かない土で植え替えするようにしてください。

春から秋にかけての成長期に植え替えをする場合は、復活する可能性が高くなります。

しかし、冬場に根腐れを起こしてしまうと復活する可能性も低くなってしまいます。

くれぐれも水のやりすぎには注意しましょう。

風通しが悪くて根腐れを起こした場合

観葉植物は日当たりのいい部屋に置きがちです。

部屋を閉め切っていて、風通しが悪いと、まるで蒸し風呂にでも入っている状態になってしまいます。

そうなると、根腐れを起こす原因にもなってしまいます。

観葉植物がちょっと元気がないなと思ったら、風通しのよい場所に置いてあげましょう。

スポンサードリンク

鉢のサイズが合わないために根詰まりを起こした場合

観葉植物を買ってきた当初は、適正な鉢に植えられています。

しかし、だんだんと成長してくると、今までの鉢ではサイズが小さくなってきます。

そうなると、根詰まりを起こす原因になってしまいます。

根詰まりを起こしてしまうと、根から十分な栄養が取れなくなってしまいます。

また、土の中の酸素も不足してきますので、観葉植物も弱ってきてしまいます。

もし根詰まりを起こしているようでしたら、一回り大きめの鉢に植え替えしましょう。

植え替えする時に注意したいのが、植え替えの時期です。

植え替えは、観葉植物の成長期である春先から秋口にかけて、植え替えるようにしましょう。

冬は根が十分成長できませんので、植え替えには適しておりません。

日照不足によって光合成ができない場合

観葉植物も日の当たらない部屋に置いておくと、日照不足によって、光合成ができなくなります。

光合成ができないと、栄養素が作れないので、葉っぱが黄色くなって枯れてしまう場合があります。

適度に日光の下に置くなどして、光合成ができるようにしてください。

直射日光によって葉が焼けてしまった場合

夏場の暑い時期は、数時間日光に当てておくだけで、葉が焼けてしまいます。

葉が焼けてしまった場合は、復活は期待できません。

夏場などは、遮光カーテンをするなど、直射日光を避けるように工夫しましょう。

低温によって枯れる場合

観葉植物は、15℃を下回る低温には弱いものです。

特に冬場の夜間などは、窓際に置いておくと、低温になってしまいます。

なるべく暖かい部屋においてあげましょう。

低温によって、根腐れを起こしてしまっている場合は、復活は期待できません。

冬場など寒くなる前に、暖かい部屋に移動してあげてください。

また、エアコンがあたると、乾燥しますので、あたらないようにしましょう。

害虫によって枯れる場合

観葉植物の害虫としては、カイガラムシやハダニなどがおります。

カイガラムシやハダニなどがつくと、すす病(カビの一種)という病気が発生してしまいます。

すず病が発生すると、枯れる原因になる場合があります。

カイガラムシやハダニなどの害虫を見つけた場合は、殺虫剤で殺したり、丁寧に吹き取ってあげてください。

スポンサードリンク

観葉植物を枯らさないための工夫

観葉植物を枯らさないための工夫をご紹介します。

まずは観葉植物のことをよく知る。

まずは観葉植物のことをよく知ることです。

観葉植物の種類によっては、水やりの頻度や日光の当て方などさまざまです。

今育てている観葉植物の特徴をネットなどで調べてください。

ちなみに、直射日光が当たっても強い観葉植物には、次のものがあります。

ワイヤープランツ、シェフレラ、アルボリコラ、サンスベリア、オーガスタなど。

直射日光には弱くて、半日蔭を好む観葉植物には、次のものがあります。

アイビー、カポック、シュロチク、モンステラ、アグラオネマ、サクララン、プテリス、ポトス、アジアンタム、テーブルヤシなど。

観葉植物の葉っぱや土の状態をよく観察する。

観葉植物の葉っぱの状態や土の状態をよく観察することも大事です。

観葉植物の葉っぱが黄色くなってはいないか、黒くなってはいないか。

土の状態が乾燥していないか、湿りすぎてはいないか。

葉っぱや土にカビが発生していないか。

よく観察することによって、異常を発見したら、打つ手も早くなります。

エアコンに気をつける。

エアコンに気をつけることも大事です。

観葉植物は、乾燥に弱いので、エアコンが直接当たらないようにしましょう。

また、床暖房している場合は、観葉植物を台の上に置くなどして、床から離してあげましょう。

植えっぱなしにしない。

観葉植物も、日々成長していきます。

植えっぱなしにすると、根腐れを起こしたり、根つまりの原因になります。

植えっぱなしにしないで、定期的に植え替えしましょう。

植え替えの時期は、観葉植物が成長する春先や秋口にしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

観葉植物が枯れる原因や観葉植物を復活させる方法をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

観葉植物も人間同様、ちゃんと愛情をもって育ててあげなければ、やがて枯れていってしまいます。

観葉植物が枯れてしまってからでは、大変ですので、枯らさない工夫も大事になってきます。

人間の心を癒してくれる観葉植物だからこそ、愛情を持って育てていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です