壁紙にクレヨンで落書き!ドライヤーを使った落とし方をご紹介!

壁紙にクレヨンで落書きされた!

ショックのあまり、あわてて水拭きなどしていませんか。

クレヨンは油性でできているため、水拭きなどすれば、かえって広がってしまい、収拾がつかなくなります。

ここでは、ドライヤーを使った、壁紙についたクレヨンの落とし方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

ドライヤーを使った、壁紙についたクレヨンの落とし方

壁紙クレヨン

壁紙についたクレヨンの落とし方で一番効果的なのは、ドライヤーを使った落とし方です。

クレヨンは油性でできていますので、まずはドライヤーの熱で溶かして、落としやすくするんです。

歯磨き粉やクレンザーを使って、歯ブラシでこするという方法もあります。

しかし、壁紙を痛めてしまう危険性がありますので、最終手段にしましょう。

ここでは、ドライヤーを使ったクレヨンの落とし方をご紹介していきます。

まずは、以下のものを準備してください。

・ドライヤー
・布
・クリームクレンザー
・ぞうきん

壁紙についたクレヨンの落とし方の手順

1.壁紙についたクレヨンの上からドライヤーの熱風をあててください。
熱風の強さは、クレヨンの溶けだし具合を見ながら、調整してください。

2.クレヨンが溶けだしてきたら、上から布を押しあて、あてた布にクレヨンを吸収させていきます。

3.次に、あてた布に吸収しきれなかったクレヨンを取り除いていきます。
クリームクレンザーを染み込ませたぞうきんできれいにふきとってください。
ぞうきんでふき取るときは、強くこすらないように注意しましょう。
あまり強くこすると、壁紙を痛めてしまい、シミになってしまいます。

4.最後の仕上げに、固く絞ったぞうきんで水拭きしてください。

1~4までの手順を、まずは、狭い範囲で試してみてください。

きれいにクレヨンを落とすことができたら、本格的に落としていきましょう。

スポンサードリンク

どうしても壁紙の凸凹にクレヨンが残ってしまう場合

どうしても壁紙の凸凹にクレヨンが残ってしまう場合は、最終手段として、以下の方法をお試しください。

1.クリームクレンザーを歯ブラシにつけて、壁紙の凸凹に沿って軽くこすってください。
あまり強くこすると、壁紙を痛めてしまうので、ご注意ください。

2.クレヨンが浮き出てきたら、固く絞ったぞうきんでふき取っていきます。
壁紙の凸凹にクリームクレンザーが残らないようにふき取りましょう。

3.クレヨンが落ちるまで、1と2を繰り返していきます。

クリームクレンザーの代わりに、歯磨き粉を使うこともできます。

どちらも研磨剤が入っていますので、クレヨンを壁紙の凸凹から掻き出してくれます。

スポンサードリンク

まとめ

壁紙にクレヨンで落書きされると、かなりショックですよね。

ショックのあまり、あわてて水拭きしてしまうと、クレヨンが広がって収拾がつかなくなりますので、注意しましょう。

まずは落ち着いて、ドライヤーを使って、クレヨンを落としてみてはいかがでしょうか。

子供はついつい、壁紙にクレヨンで落書きするものです。

そんな時は叱らずに、壁紙に落書きすることは悪いことだと優しく教えてあげましょう。

水で簡単に落とせる水性のクレヨンにするのも一つの方法かもしれませんね。

壁紙クレヨン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です