アイランドキッチンのデメリットは?後悔しないためにしっかり考えよう!

アイランドキッチンは誰でも一度は憧れますが、その反面、デメリットも非常に気になりますよね。

キッチンは女の戦場であり、お客さんを通した時に一番先に目につく重要な場所でもあります。

後悔しないためにも、しっかりとアイランドキッチンのデメリットを考えていきたいものですね。

ここでは、そんなアイランドキッチンのデメリットをご紹介していきます。

スポンサードリンク

アイランドキッチンのデメリットは?

アイランドキッチン

アイランドキッチンのデメリットをそれぞれ見ていきたいと思います。

1.アイランドキッチンは、設置に広いスペースが必要になる。

一般的なキッチンの広さは、4.5畳あれば充分といわれています。

ところが、アイランドキッチンにすると、キッチンの両側に通路を設けないといけないので、両側合わせて3畳分のスペースが必要になります。

一般的なキッチンに比べて、3畳分余分にスペースを確保しないといけないということなんです。

土地が広くて、キッチンに充分なスペースが取れる場合は、アイランドキッチンもいいかもしれません。

ただ、そういった住宅事情ばかりではないので、アイランドキッチンを断念される方も多いでしょう。

キッチンに充分なスペースが取れない場合は、コンロとシンクを分離して、アイランドキッチンにするなど工夫も必要となります。

2.キッチンが丸見えのため、常に整理整頓しておく必要がある。

アイランドキッチンはそもそも魅せるためのキッチンです。

ですから、キッチン周りを常にきれいにして、整理整頓しておかなければなりません。

使い終わった食器や鍋がキッチンの上に無造作に置かれていたら、見た人はだらしないと思うかもしれません。

我が家にもビルトインタイプの食洗器が付いているんですが、洗った食器は食洗器で乾燥させて、食器棚に収納するように心がけています。

食洗器を乾燥のみで使う場合は、こちらの記事を参考にしてください。

食洗機を乾燥のみで使う場合の使い方!電気代や注意点は?

また、料理に使ったフライパンや鍋は、使い終わったら、すぐに洗って乾燥させ、収納するようにしています。

とにかくアイランドキッチンの上には何も置かないというのが理想なんです。

自分にはできそうもないなという場合は、アイランドキッチンを断念したほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

3.アイランドキッチンは油の臭いが部屋中に拡散しやすい。

一般的にアイランドキッチンは油の臭いが部屋中に拡散しやすいといわれています。

確かにキッチンが壁に接していない分、油の臭いが拡散しやすいのかもしれません。

対策としては、天ぷらなどの油料理をしているときは、換気扇を強めに回すなどの工夫が必要です。

この換気扇もなるべく能力が高いものを選んだほうがいいでしょう。

アイランドキッチンの換気扇は、天井に付けなければならないため、換気扇の種類にも制限を受けるというのもデメリットかもしれません。

また油はねに関しても、アイランドキッチンにする場合は、ガスではなくIHにしたほうがいいでしょう。

油はねが心配という方は、こちらの記事を参考にしてください。

アイランドキッチンは油はねや水はねが心配?

4.アイランドキッチンは水はねが心配。

アイランドキッチンにすると、水はねが心配という方もおられます。

確かにシンクの前は、カウンターか床になっており、食器洗いをしているときに、どうしても水はねを起こしてしまいます。

なるべく水はねが起きないように、蛇口の水圧を弱くするなど工夫が必要です。

どうしても気になる方は、シンクの前に水はね防止ガードを置くのもいいかもしれませんね。

5.アイランドキッチンは、小さなお子さんの遊び場になりやすい。

アイランドキッチンは、周りを回遊できるため、どうしても小さなお子さんの遊び場になりやすくなります。

また、キッチンの下は死角になりやすく、小さなお子さんがいても気付きにくくなります。

料理をしているときは、キッチンに近寄らないようにお子さんを躾けるなど、細心の注意が必要になってきます。

事故が起きてからでは、せっかくのアイランドキッチンも台無しですので、くれぐれも注意しましょう。

6.アイランドキッチンは他のキッチンに比べて高価である。

アイランドキッチンは、魅せるためのキッチンですので、どうしても他のキッチンに比べて高価になってしまいます。

資金に余裕がある方は、豪華一点張りで、アイランドキッチンもいいかもしれません。

我が家では、アイランドキッチンのIH側を壁につけたペニンシュラキッチンにしたんですが、キッチンの天板を御影石にして、豪華一点張りにしました。

御影石の天板は、人工大理石と違って見栄えもよく、お手入れも楽なんです。

アイランドキッチンは確かに高価なんですが、デメリットも考えた上で、決定するといいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

ここまで、アイランドキッチンのデメリットをみてきました。

アイランドキッチンにすると夢は広がりますが、ずぼらな主婦にとっては、敷居が高いかもしれませんね。

逆に、几帳面で来客が多いという方にとっては、アイランドキッチンはうってつけです。

アイランドキッチンは他のキッチンに比べて高価なのは確かですが、その分自慢の種にもなります。

家は一生の買い物ですので、デメリットも考えたうえで、アイランドキッチンを検討してみてはいかがでしょうか。

アイランドキッチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です