エコキュートのシャワーの水圧は本当に弱いの?上げる方法はある?

エコキュートにすると、シャワーの水圧が弱いんじゃないかと大変気になりますよね。

確かに水道直圧方式のガス給湯器に比べたら、エコキュートのシャワーの水圧は弱いといわれています。

オール電化にするとエコキュートは必須だし、これではおおいに迷ってしまいますよね。

ここでは、エコキュートのシャワーの水圧は本当に弱いのか、弱いのであれば、水圧を上げる方法はあるのかなどについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

エコキュートのシャワーの水圧は本当に弱いの?

エコキュート

一般的に、水道直圧方式のガス給湯器に比べたら、エコキュートのシャワーの水圧は弱いといわれています。

我が家も新築する前は、ガス給湯器を使っていたため、十分すぎるくらいのシャワーの水圧がありました。

家を新築した時に、オール電化にしたため、エコキュートに変えたんですが、やっぱりガス給湯器に比べたら、物足りなく感じます。

なぜエコキュートのシャワーの水圧は弱いの?

それでは、なぜエコキュートのシャワーの水圧は弱いのでしょうか。

エコキュートはお湯をタンクに貯めて給湯する方式をとっているんですが、このお湯を貯めるタンクって、水道水の耐圧には限界があるんですね。

そのために、いったん水道水の水圧を減圧弁で減圧させて、タンクに貯めなければなりません。

水道水の水圧は一般的に500KPaくらいなんですが、タンク内の水圧はいったん減圧されて、標準タイプのエコキュートですと約3分の1の180KPaくらいになっちゃうんです。

ガス給湯器の給湯は水道直圧方式ですので、水道水の水圧がそのままシャワーの水圧になる計算になります。

一方、エコキュートのシャワーの水圧は、いったん減圧弁で減圧されているので、水道水の3分の1の水圧になるということなんです。

これが、エコキュートのシャワーの水圧が弱いといわれている所以なんですね。

エコキュートのシャワーの水圧は弱いが気にするほどでもない。

我が家もオール電化で新築したときに、標準仕様でエコキュートがついていたので、エコキュートをつけることにしました。

その時につけたのが、三菱の標準タイプのエコキュートです。

シャワーの水圧は、標準タイプですので、180KPaになります。

シャワーヘッドは、一条工務店i-smartのスマートバスについてくるKVK製のものを使っています。

確かに、ガス給湯器を使っていた時よりは、シャワーの勢いはありませんが、そんなに気にするほどではありません。

逆に、ガス給湯器のシャワーの水圧のほうが勢いがありすぎるくらいに感じています。

この辺は、人それぞれの使用感にもよりますので、一概には言えませんけどね。

スポンサードリンク

エコキュートのシャワーの水圧を上げるには?

エコキュートのシャワーの水圧が弱いと感じている場合、どうすれば水圧を上げることができるのでしょうか。

いくつか解決策をご紹介していきます。

エコキュートを高圧給湯タイプにする。

これからエコキュートを検討している場合は、標準タイプではなくて、高圧給湯タイプにしてみたらいかがでしょうか。

各メーカーでも、エコキュートのシャワーの水圧が弱いという声を受けて、高圧給湯タイプのエコキュートを用意しています。

また、2階にシャワールームがあるという場合も、高圧給湯タイプのエコキュートであれば問題なく使えるようです。

ただ、標準タイプに比べると、値段も高くなりますので、一考の余地はありそうです。

各メーカー毎の高圧給湯タイプのエコキュートの比較をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

・三菱 ハイパワー給湯 価格93万~106万円位(税別)290Kpa
・東芝 ウルトラ出湯  価格78万~ 86万円位(税別)300Kpa
・パナソニック パワフル高圧給湯 価格101万円位(税別)300Kpa
・ダイキン パワフル高圧 価格83万~105万円位(税別)300Kpa
・日立 ナイアガラ出湯 価格85万~103万円位(税別)水道直圧給湯

唯一、日立だけが水道直圧給湯のエコキュートがあるようです。

ちなみに、標準タイプのエコキュートの価格は50万円(税別)前後です。

エコキュートの給湯設定温度を高くする。

エコキュートのシャワーの水圧が弱い場合は、エコキュートの給湯設定温度を高くして使うと少しは改善されるようです。

通常はエコキュートの設定温度を40℃~42℃くらいに設定して、エコキュートからの給湯だけでシャワーを使いますので、どうしても水圧が弱くなってしまいます。

エコキュートの給湯設定温度を高くして、混合カランの水道水で温度を調整して使うことによって、シャワーの水圧を上げることができるということなんです。

わかりやすくいうと、水道水の水圧を利用して、シャワーの水圧を上げるといやり方です。

ただ、あまり効果がないという声も聞かれます。

また、エコキュートの給湯設定温度を高くするということは、それだけ電気代もかかるということになります。

低水圧用のシャワーヘッドに交換する。

エコキュートのシャワーの水圧が弱い場合は、低水圧用のシャワーヘッドに交換するという方法もあります。

シャワーヘッド

TOTO低圧用シャワーヘッドホース付きはこちらから

低水圧用のシャワーヘッドは、よくホースの先をつまむと勢いよく水が出ますが、この原理を応用しているんです。

シャワーヘッドのお湯が出る穴を少なくしたり、小さくすることによって、水圧を上げるという方法です。

値段的にも手ごろですし、やってみる価値はありそうですね。

スポンサードリンク

まとめ

エコキュートは標準タイプですと、確かにガス給湯器に比べたら、シャワーの水圧が弱いというのは事実です。

どうしてもシャワーの水圧は勢いがあったほうがいいという場合は、高圧給湯タイプのエコキュートを検討してみたらいかがでしょうか。

特に、2階にシャワールームを設置する場合は、高圧給湯タイプのエコキュートは必須です。

すでに標準タイプのエコキュートを使っている場合は、高圧給湯タイプのエコキュートに交換するのは大変ですので、給湯設定温度を高くして使ってみたり、シャワーヘッドを低水圧用に交換してみるのもひとつの方法です。

後は、入浴中はなるべく台所などの給湯を同時に使わないなど、心使いも大切です。

エコキュート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です