カーペットの臭いの原因は?重曹がいいっていうけど?

カーペットの嫌な臭いって、気になりますよね。

カーペットの嫌な臭いの原因もいまいち分からないし、重曹がいいっていうけど、使い方がわからない。

カーペットを洗うのも大変、そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

カーペットは、生活臭が一番出やすい場所、だからこそ、いつも清潔にしておきたいものです。

ここでは、カーペットの嫌な臭いの原因や嫌な臭いを取ってくれる重曹の使い方などをご紹介していきます。

それでは、カーペットの嫌な臭いの原因から見ていきましょう。

スポンサードリンク

カーペットの嫌な臭いの原因は?

カーペットの嫌な臭いの原因は、ずばり、カーペットの中にいる雑菌です。

カーペットの中は、雑菌が繁殖しやすい条件が整っているんです。

カーペットの中は、高温多湿で、しかも汗まみれ。

雑菌は、汗や皮脂、食べこぼした食べかすなどで繁殖し、嫌な臭いを発生しているんです。

よく靴の中が蒸れて、嫌な臭いがすることがありますよね。

それと同じ状態が、カーペットの中でも起こっているというわけです。

ですから、外出先から帰宅した時などは、汚れた靴下のまま、カーペットの上に乗らないなど、注意が必要です。

カーペットの嫌な臭いの原因が雑菌だとすれば、この雑菌が繁殖しないようにしてあげれば、臭いを抑えることができます。

カーペットの嫌な臭いを取るときに活躍するのが重曹なんです。

スポンサードリンク

カーペットの嫌な臭いを取ってくれる重曹の使い方

まず初めに、重曹の効果を簡単に説明します。

重曹の効果

重曹とは、ご存知のとうり、ふくらし粉やコンニャクの凝固剤として昔から重宝されてきたものです。

重曹には、消臭効果があり、よく冷蔵庫や生ゴミ、げた箱や排水溝の消臭に使われたりします。

もともと、弱アルカリ性で、生活などから出る汗(酸性物質)の臭いを中和してくれるんですね。

重曹でカーペットを掃除することによって、臭いの元となっている酸性物質の汗を中和して、雑菌の増殖を抑えてやるということなんです。

また、重曹には、埃などの細かいごみを吸い寄せる効果もあるんです。

それでは、重曹の効果が分かったところで、重曹を使ったカーペットの掃除の仕方をみていきましょう。

重曹を使ったカーペットの掃除の仕方

重曹を使ったカーペットの掃除の仕方をご紹介します。

カーペットの汚れや臭いがあまりひどくない場合
重曹で作ったスプレーをカーペットに直接吹きかけてください。
その後に、ごむ手袋などで埃をかき集めるように掃除します。
カーペットが乾いた後、重曹の白い粉が残るようでしたら、掃除機で吸い取ってください。
重曹水の作り方は、ぬるま湯250mlに大さじ1杯程度の重曹を入れて、良くかき混ぜてください。
これをスプレー式の容器に入れれば、出来上がりです。
カーペットの汚れや臭いがひどい場合
重曹を直接、カーペットにまいて掃除します。
この時に、カーペットが色落ちする場合がありますので、色落ちしないか確かめてから重曹をまいてください。
重曹をまいたあとは、一晩そのまま放置し、次の日に掃除機で丁寧に重曹を吸い取ります。
このとき、重曹の粉で、掃除機のフィルターが目詰まりする場合がありますので、その時は、フィルターの掃除をしましょう。
また、万が一、目などに重曹が入った場合は、よくすすぎ流して下さい。

カーペットの臭い取りで重曹以外に何があるの?

重曹を使ったカーペットの臭い取りを見てきました。

しかし、重曹を使って掃除すると、カーペットに重曹の白い粉が残ってしまい、なかなか取れないという場合もあります。

そんな時は、ファブリーズなどの消臭スプレーを使います。

ファブリーズの効果は、次のように説明されております。

ファブリーズをスプレー後、まず、有効成分を含んだ水分が繊維のすみずみまで浸透します。そして、浸透してきたファブリーズの中に、繊維の中にしみこんで 隠れていた『ニオイの元』が吸収されます。吸収された『ニオイの元』は、トウモロコシ生まれの消臭成分の中央の穴の中に運ばれていきます。ファブリーズの 水分が蒸発するにつれ、『ニオイの元』は有効成分にしっかりつかまえられ、ニオイは消えていきます。(引用元:ファブリーズ公式ホームページ)

また、カーペットの汚れがひどい場合は、酸性の漂白剤を水で薄めて、タオルにつけ、押し当てるようにして、汚れを取ってください。

ハイターなど塩素系の漂白剤は、色落ちする場合がありますので、使用しないでください。

スポンサードリンク

まとめ

カーペットの嫌な臭いの原因や重曹を使ったカーペットの臭いの取り方を見てきました。

しかし、重曹をまいて掃除するとなると、どうしても大がかりになってしまいます。

普段から、重曹水のスプレーなどで、こまめにカーペットを掃除をすることが大事です。

また、家の中に上がるときは足をきれいに洗ったり、食べ物をこぼしたときはすぐに掃除をする習慣をつければ、そんなにカーペットが汚れるということはありません。

家族みんなで、お互いに清潔につかうことを心がけることが、一番大切なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です